概要

ARTプログラムとは…
『卒後臨床研修と博士号取得を効率よく両立させる』大学院プログラムです。

ARTプログラム(Advanced Research Training program、先進医学修練プログラム)は、卒後臨床研修と大学院を両立させて効果的に人材育成を行う大学院改革プログラムです。
本プログラムでは大学院教育を単独ではなく、学部教育・卒研と連結して、シームレスな医学研究者育成を行います。さらに女性研究者への支援、異分野融合、国際化プログラムと連携し、多角的かつ効果的なプログラムを実施します。教育・研究の遂行には若手の力を活かすユニット型教育を採用します。これにより、日本の医学研究者育成のモデルを確立します。

ARTプログラム概念図

~学部・卒後臨床研修をシームレスにつなぐ早期大学院教育~
全国に先駆けて岡山大学で運用開始!
我々は、日本の医学研究者育成のNational Standardを創ります!

近年の卒後臨床研修必修化を背景に学生の臨床専門医志向が強まり、結果として医学研究者が激減し、医学そのものの崩壊が危惧されます。本ARTプログラムによる改革により、MD研究者と、生命科学を専門とするPhD研究者を増加させ、両者が協力出来る環境をつくることにより、医学研究の発展、異分野融合が実現できます。
これまでに他大学ではMD/PhDプログラムやMD研究者育成プログラムが実施されてきましたが、卒後臨床研修と大学院が連携していないためほとんど成功していません。本プログラムではシームレスなプログラムによりこれを成功させ、日本の医学研究者育成のNational Standardになることを目指して推進しています。

現在の問題点とARTプログラムによる改革

各種ARTプログラムによる人材育成と支援体制

各種ARTプログラムによる人材育成と支援体制

ページトップ