関連イベント

【授業7/27】大学院特別講義(「研究方法論」に出席とみなす講演会)開催

2012年7月26日 木曜日

ART大学院生 および Pre-ART学部生 のみなさま

 以下のとおり、大学院特別講義が開催されます。
このセミナーは、「研究方法論」の授業に出席したとみなされる講演会です。「研究方法論 基礎」または「研究方法論 応用」のどちらにも対応します。

(注意)今回のように、学内外で開催される講演会(学会等で実施する講演会を含む)等に出席された場合も、その講演会が「みなす講演会」に相当する場合、5回までは単位認定の出席回数の対象となりますので、「研究方法論」出席カードの裏面の 「みなす講演会出席記録」に開催者認印をもらってください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

大学院特別講義
サイトカインによる免疫制御と脳内炎症

日時: 2012.7.27(金) 17:30~19:00
場所: 基礎研究棟 1階 大学院セミナー室
講師: 吉村 昭彦 先生 (慶応義塾大学医学部微生物免疫学)

講演要旨: 近年IL-17産生性ヘルパーT細胞Th17が発見され、IL-17を中心とした生体防御や免疫応答に注目が集まっている。我々は脳梗塞後の脳内炎症をモデルに炎症スキームの研究を行って来た。その結果、脳組織が虚血によって破壊され、DMAPs(Damage-associated molecular patterns)が放出されてTLR2/4を介してマクロファージを活性化しIL-23を放出させること、IL-23はγδT細胞においてIL-17産生を誘導して梗塞の拡大に寄与することを見いだした(1,2)。
(1)Shichita et al. Nature Med. 15, 946-950 (2009)
(2)Shichita et al. Nature Med. 18, 911-917 (2012)

詳しくは→ サイトカインによる免疫制御と脳内炎症

【お知らせ】岡大医学生の皆さま!学内向け「ARTプログラム紹介リーフレット」ができました。

2012年7月26日 木曜日

=岡山大学 医学部医学科の皆さま=

ARTプログラム推進室発行の学内向け『ARTプログラム
紹介リーフレット』が出来上がりました。

医学部医学科3~6年生を対象としたPre-ARTは、医学
部在学中に大学院の授業科目を履修できる制度です
(入学検定料・授業料不要)。Pre-ARTで修得した単位は、
大学院博士課程に入学後、修了要件単位の一部として
認められます。

将来 大学院に進学するかも…とお考えの医学生の皆さま、
ARTプログラムに興味のある皆さま、是非、ご覧ください。

(→ダウンロードはコチラから)

また、医学部医学科1~2年生でも研究に興味があると
いう方を、ARTプログラム推進室はサポートしています。
お気軽に、ARTプログラム推進室までご相談ください。

※お問い合わせは、
  お気軽にARTプログラム推進室まで!

ARTプログラム推進室 (担当:森、早瀬)
Phone:  086-235-7105
E-mail:  info-art-med.jp

【ラボツアー第8弾 7/25】 細胞生物学教室の見学を行いました。

2012年7月26日 木曜日

ARTプログラムでは、岡山大学医学部3年生以上の学部学生が大学院講義を早期履修できる制度(科目等履修生制度;Pre-ARTプログラム)を設けており、平成24年度は計47名(医学部医学科3~6年生)がこのPre-ARTプログラムに登録しています。

ARTプログラム推進室では、研究に興味を持つ医学部1~2年生を対象にラボツアーを行っています。
第8
弾のラボツアーを7月25日(水)に行いました。このツアーで、一旦、ラボツアーは終了となります。

ラボツアー第8弾は、細胞生物学教室(→教室ホームページ)です。
まず、阪口 政清 准教授が、細胞培養研究において先導的役割を果たしてこられた細胞生物学教室のお話と、細胞増殖・分化機構の解明や新しいがん遺伝子治療法の開発などの研究紹介をしてくださいました。続いて、久保 美代子 客員研究員がご自身のなさっている皮膚移植や再生についての研究内容を詳しく紹介してくださいました。その後、村田 等 助教がラボ内を案内してくださいました。歴史ある建物の中にある研究室の雰囲気に、参加された学生さん達も感じ入っていました。

坂口准教授、村田先生、久保研究員をはじめ、細胞生物学教室の皆さま、有難うございました。

★「こんな研究室を訪問してみたい」等、ラボツアーにご希望・興味がある医学部生は、お気軽にARTプログラム推進室までお問い合わせください。

ARTプログラム推進室(担当:森、早瀬)
Phone: 086-235-7105
E-mail:
info@art-med.jp

【出願7/30~・試験 8/21】大学院 医歯薬学総合研究科(博士課程)入試!H25.4月入学

2012年7月23日 月曜日

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 大学院進学を考えている全国の医学生の皆さん
 岡山大学病院または岡山市立市民病院で卒後臨床研修をされている研修医1年目の皆さん

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 博士課程では、以下の要領で 平成25年4月入学者を募集します。
先日のARTプログラム特別入試は受験しなかったけれども、ARTプログラムで大学院進学をお考えの皆さま、是非、ご出願ください。
多数の出願をお待ちしています。

 ♦ 出願期間;平成 24年7月30日(月) ~8月3日(金) 必着
 ♦
試験日; 平成 24年8月21日(火)
 ♦ 合格発表;平成 24年9月21日(金)

***********************************************************
  
出願資格、出願手続き等、詳細については、こちらをご覧ください。
   → 
平成25年4月入学 学生募集要項(博士課程)
   → 入学試験案内(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 博士課程)

***********************************************************

➤ 志望教育研究分野が決定している場合は、あらかじめ志望教育研究分野の指導教授と面談し、入学後の研究・教育及び修了後の進路について相談してください(→組織と研究内容)。志望教育研究分野が未定の場合、入学後1年間はARTプログラム推進室教授が指導教授を務め、1年後に教育研究分野を決定することが可能です。

➤ 募集要項等の郵送を希望する場合は、「医歯薬学総合研究科(博士課程)学生募集要項請求」とし、返信用封筒(角形2号の封筒に郵便切手240円分を貼付)を同封して、「岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科等 学務課 教務グループ  大学院担当」に請求してください。(速達で送付する必要がある場合は、上記金額に加え、速達料金270円分の切手を追加してください。)

➤入試に関するお問い合わせは、こちらまで。

  岡山大学大学院  医歯薬学総合研究科等  学務課 教務グループ(医学系)  大学院担当 
  〒700-8558  岡山市北区鹿田町2丁目5番1号
  ☎ 086-235-7986 (直通)
  E-mail: kdf7986@adm.okayama-u.ac.jp
  http://www.hsc.okayama-u.ac.jp/mdps/ 

【お知らせ】ARTプログラム推進室の公式Facebookページをオープンしました!

2012年7月23日 月曜日

 
♣♣♣ ARTプログラム推進室では、公式Facebookページを2012年6月1日より始めました。♣♣♣

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科では、ART プログラム(Advanced Research Training program;先進医学修練プログラム)により、優秀な医学研究者養成を目指しています。本研究科ではART プログラムを推進するため、「ART プログラム推進室」を設置しています。

ARTプログラム推進室では、本研究科ARTプログラムについての学生募集情報や様々なセミナー・イベントの情報を、本ホームページだけでなく、Facebookに随時掲載してまいります。
将来 大学院進学をお考えの医学生の皆さま、ARTプログラムについて興味のある皆さま、是非、ご覧ください!皆さまからのARTプログラムに関するご意見やご質問、ご要望があれば是非フィードバックをお願いいたします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ARTプログラム推進室 公式Facebookページ ← クリック!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※ARTプログラムに関するお問い合わせは、お気軽にARTプログラム推進室まで!

ARTプログラム推進室 (担当:森、早瀬)
Phone:  086-235-7105
E-mail:  info-art-med.jp

【授業7/30】第69回 ITPセミナー(「研究方法論」に出席とみなす講演会)開催

2012年7月23日 月曜日

ART大学院生 および Pre-ART学部生 のみなさま

 以下のとおり、第69回ITPセミナーが開催されます。
このセミナーは、「研究方法論」の授業に出席したとみなされる講演会です。「研究方法論 基礎」または「研究方法論 応用」のどちらにも対応します。

(注意)今回のように、学内外で開催される講演会(学会等で実施する講演会を含む)等に出席された場合も、その講演会が「みなす講演会」に相当する場合、5回までは単位認定の出席回数の対象となりますので、「研究方法論」出席カードの裏面の 「みなす講演会出席記録」に開催者認印をもらってください。

第69回 ITPセミナー

運動器と痛みの国際シンポジウム in Okayama

日時: 2012.7.30(月) 18:15~20:00
場所: 入院棟11階 Hカンファレンスルーム
演者: Simon Carter, M.D. (Royal Orthopaedic Oncology Servcie, Royal OrthopaedicHospital, U.K)
    杉原 進介 先生 (独立行政法人国立病院機構四国がんセンター 整形外科医長)

概要:Carter先生は現在、イギリスで最大の腫瘍センターであるRoyal Orthopaedic Hospitalで骨軟部腫瘍領域のclinical directorの任に就いておられます。股関節・膝関節の再建術も数多く行っておられ、世界的に大変活躍されている先生です。
今回は先生の数多くの骨腫瘍治療経験を基に、小児における原発性骨腫瘍について御講演いただきます。

詳しくは→ 第69回 ITPセミナー 「運動器と痛みの国際シンポジウム in Okayama」

【ラボツアー第7弾 7/18】 人体構成学教室の見学を行いました。

2012年7月23日 月曜日

ARTプログラムでは、岡山大学医学部3年生以上の学部学生が大学院講義を早期履修できる制度(科目等履修生制度;Pre-ARTプログラム)を設けており、平成24年度は計47名(医学部医学科3~6年生)がこのPre-ARTプログラムに登録しています。

ARTプログラム推進室では、研究に興味を持つ医学部1~2年生を対象にラボツアーを行っています。
第7
弾のラボツアーを7月18日(水)に行いました。参加された学生さん達は、熱心に先生方のお話に耳を傾けていました。

ラボツアー第7弾は、人体構成学教室(→教室ホームページ)です。
まず、大塚 愛二 教授が、人体構成学教室の歴代教授のお話をしてくださり、教室の紹介をしてくださいました。続いて、百田 龍輔 助教と小坂 美津子 助教が、それぞれなさっている研究内容を詳しく紹介してくださいました。その後、ラボ内の見学となりました。参加された学生さん達からも多くの質問があり、有意義なツアーとなりました。

大塚教授、百田先生、小坂先生をはじめ、人体構成学教室の皆さま、有難うございました。

★次回、『ラボツアー第8弾』は、7月25日(水)15:15~ 細胞生物学教室を予定しています。このツアーで、一旦、ツアーは終了となります。ツアーに興味がある医学部1~2年生は、お気軽にARTプログラム推進室までお問い合わせください。

ARTプログラム推進室(担当:森、早瀬)
Phone: 086-235-7105
E-mail:
info@art-med.jp

【ラボツアー第6弾 7/11】 免疫学教室の見学を行いました。

2012年7月12日 木曜日

ARTプログラムでは、岡山大学医学部3年生以上の学部学生が大学院講義を早期履修できる制度(科目等履修生制度;Pre-ARTプログラム)を設けており、平成24年度は計47名(医学部医学科3~6年生)がこのPre-ARTプログラムに登録しています。

ARTプログラム推進室では、研究に興味を持つ医学部1~2年生を対象にラボツアーを行っています。
第6
弾のラボツアーを7月11日(水)に行いました。参加された学生さん達は、熱心に先生方のお話に耳を傾けていました。

ラボツアー第6弾は、免疫学教室(→教室ホームページ)です。
鵜殿 平一郎 教授が免疫とは何か?、なぜ湯治は効くのか?などわかりやすく丁寧にお話をしてくださり、また、「免疫機構における熱ショックタンパク質」と題して研究内容をに紹介してくださいました。参加された学生さん達からも多くの質問があり、ディスカッションのある有意義なツアーとなりました。

鵜殿教授をはじめ、免疫学教室の皆さま、有難うございました。

★次回、『ラボツアー第7弾』は、7月18日(水)15:15~ 人体構成学教室を予定しています。ツアーに興味がある医学部1~2年生は、お気軽にARTプログラム推進室までお問い合わせください。

ARTプログラム推進室(担当:森、早瀬)
Phone: 086-235-7105
E-mail:
info@art-med.jp

【授業7/7】「橋渡し研究加速ネットワーク構築に向けて」(「研究方法論」に出席とみなす講演会)開催

2012年7月5日 木曜日

ART大学院生 および Pre-ART学部生 のみなさま

 以下のとおり、【橋渡し研究加速ネットワーク構築に向けて】と題して講演会が開催されます。

この講演会は「研究方法論」の授業に出席したとみなされる講演会で、是非、皆さんにもご聴講いただきたい講演会です。「研究方法論 基礎」または「研究方法論 応用」のどちらにも対応します。

(注意)今回のように、学内外で開催される講演会(学会等で実施する講演会を含む)等に出席された場合も、その講演会が「みなす講演会」に相当する場合、5回までは単位認定の出席回数の対象となりますので、「研究方法論」出席カードの裏面の 「みなす講演会出席記録」に開催者認印をもらってください。

== 橋渡し研究加速ネットワーク構築に向けて =========================

特別講演: 「変容する科学としてのトランスレーションリサーチ」 
         自治医科大学学長 永井良三 先生

日時: 2012.7.7(土) 13:00~16:10
会場: 岡山国際ホテル
会費: 無料 
対象: 教官、大学院生、研修医、医学生、一般の方

概要: 近年の医療、医学研究の急速な発展には目をみはらされるものがあります。
この情勢のもと岡山大学が医学界において今後も指導的役割を担い続けるためには、橋渡し研究の推進が不可欠であると考えております。
今回、自治医科大学学長 永井良三先生をお招きし、特別講演を頂きますとともに、本学の最先端の研究について講演をいただく講座を企画いたしました。
現在の岡山大学の橋渡し研究の現況と今後の展望について多くの貴重な知見を得るまたとない機会です。
皆様には万障お繰り合わせの上、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

詳細はコチラ→ 【橋渡し研究加速ネットワーク構築に向けて】ポスター

=====================================================

【ラボツアー第5弾 7/4】 薬理学教室の見学を行いました。

2012年7月5日 木曜日

ARTプログラムでは、岡山大学医学部3年生以上の学部学生が大学院講義を早期履修できる制度(科目等履修生制度;Pre-ARTプログラム)を設けており、平成24年度は計47名(医学部医学科3~6年生)がこのPre-ARTプログラムに登録しています。

ARTプログラム推進室では、研究に興味を持つ医学部1~2年生を対象にラボツアーを行っています。
第5
弾のラボツアーを7月4日(水)に行いました。参加された学生さん達は、熱心に先生方のお話に耳を傾けていました。

ラボツアー第5弾は、薬理学教室(→教室ホームページ)です。
西堀正洋教授が薬理学教室全体の研究やラボの紹介のみならず、ご自身の医学部時代のお話や基礎研究医についての考え方等、さまざまな角度からご経験を基にお話ししてくださいました。和氣秀徳助教には、珍しい顕微鏡像を見せていただきました。先生方のお話に、笑いが絶えない楽しいツアーとなりました。

西堀教授、和氣先生をはじめ、薬理学教室の皆さま、有難うございました。

 

★次回、『ラボツアー第6弾』は、7月11日(水)15:15~ 免疫学教室を予定しています。ツアーに興味がある医学部1~2年生は、お気軽にARTプログラム推進室までお問い合わせください。

ARTプログラム推進室(担当:森、早瀬)
Phone: 086-235-7105
E-mail:
info@art-med.jp